Rさん 北欧の妖精のような透き通った感じの前世の女性との多くの共通点

先日はありがとうございました。

 
久しぶりに物凄く緊張して、セッションの時間を待っていました。

私の声が聞き取りにくかったようですみませんでした。口下手なのは語彙力だけではなく第3チャクラと第5チャクラの状態がよくないからということもあるのですね。
聞かれた事に要領よく答えられなくてkyoukoさんも困ったと思いますが、真摯に応えていただいているのが感じられてYouTubeの動画のままの優しいkyoukoさんだ!と思えて、安心してセッションをうけることができました。
ありがとうございました。
高波動を送っていただいている時、その波を少し感じることができ、また、今まで瞑想している時に見たことのない色、赤みがかった、少し紫も...黄みも...可愛いくて優しい濃い目のピンク色に包まれていて、何だかうれしくて口元が緩んでいました。
私の知らない人も幸せでありますように…のフレーズには何故か涙が出てしまいます。
追伸で前世は‘’フィンランド’とわざわざ教えて下さってありがとうございました。
妖精のような、透きとおった感じの人で良かったと思いました。
嬉しい気持ちになりました。
私もあの後、北欧ってどこからどこまでなのか調べていました。
それで思い出したのが、若い頃、死ぬまでにやりたい事の一つが”北欧にオーロラを見に行く”でした。あとの二つは”富士山に登る”と”イルカと泳ぐ”です。
森で自然や動植物と話をしていた妖精のような、その(前世の)女性の意識が故郷に帰りたかったのかなーと思ったりもして。
前世の私と今生の私が同じような性格?性質?感覚?を持っているというも面白いです。受け継ぎたいところと断ち切りたいところがあります。前世のその女性は人とコミュニケーションをとることを諦めて森で花や木や動物と幸せに暮らしていた…なんて絵本になりそうな人ですよね。フィンランドの人は普通に一人で森で暮らすのでしょうか?彼女は強い人でもあったのでしょうね。
1つだけ残念な事があります。
kyoukoさんに”どう、なにたいか”と聞かれた時に、つい癖で、ショップのありたい姿を答えてしまいました。
だから、その為に私はどうなりたいのか⁉だと思うのに。聞かれた時に『そのビジョンが描けないんだけどな~。どうしよう。とどこかで感じながら受けていました。
『ちょっと待ってください』と言えませんでした。
だめですね。
それってどういうことなのかな?と深く聞いておきたかったこともでてきました。
もっと落ち着いて!集中して!と反省です。
でも、今回の気づきは、スタッフの話を聞いてあげることで、その人がまた、元気にイキイキと仕事ができるような気持ちにさせられるだけの影響力がある為人となるように、考えるより、先ずは率先してスタッフの手本となるように動きなさい。ということだったのかなと思います。
この気づきを与えていただいた事に感謝して、毎日の仕事に活かして、私も、スタッフも、もっと輝いて幸せになるように頑張ります。
車で片道1時間の通勤時間を利用して、第5チャクラを鍛える為に宇宙語で発声練習始めました。
宇宙人と交信出来たらどうしましょう(笑)
長くなってすみません。
ご縁がありましたらまた、よろしくお願いいたします。
kyoukoさんもお元気で、遠くからご活躍をお祈りしています。
ありがとうございました。
ーーー
(後日)
Jonna Jintonさんの動画をありがとうございました。(*Kyoko注釈:Rさんの前世の雰囲気に似ていたので動画をご紹介しました)
5分ぐらいの動画でしたが、本当にどの様に言い表せば良いのか分かりません。
彼女の生き方、彼女そのものに感動して胸がいっぱいです。
もちろん、雄大な景色にも。
『既存の地盤を失うことを恐れない。結果的にベストな選択になるかもしれないから』
ぐさりと刺さりました。
Jonnaさんみたいな人が私の前世なら、わたしはもっと自信を持って、自由に、これからの人生を楽しんで生きていきたいと思いました。
数ある動画の中でkyoukoさんに出会い、お顔やお声やお話やその語り口に癒されて見させていただいていた向こう側のかた、しかも、大変な努力をしていろんな経験をされてきた方に、世代も違うのに、まさか、セッションなんて思いもよらない事でした。
そして、たった1時間のセッションにもかかわらずこうして心を尽くしてくださるなんて、それこそ思ってもいませんでした。kyoukoさんの大きな愛を感じています。感謝です。
チャクラアクティベーションプログラムも少しづつ体験してみたいとおもいます。
その際はどうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.