世界のパワースポット、旅、ナチュラルライフ、田舎暮らしなどなど

Kyoko&Cherrin's Blog

長野の自然を旅する

3000mの山も手ぶら&登山靴なし登山 

更新日:

上高地キャンプ二日目。

小梨平から朝8:30頃出発し、横尾キャンプ場に11:00頃到着しました。

下に徳沢というキャンプ場もありましたが、横尾キャンプ場の方が眺めもよく、こちらを選んで正解!

テントを張り、お昼ご飯を作って、食べたらもう12:30。

チェリンが上の涸沢まで登りたいというので、行くなら急いでいかなくては。

涸沢までは、横尾から登り3時間、下り2時間が標準時間だそうなので、今から行くと、5:30になり、この時期はもう暗くなってしまいます。

涸沢岳は標高3057m。

私達が、インドやネパールで普段歩いている山は3000から4000mで、サンダルに短パン、雨具なし、地図なし、ヘッドライトなしです。

横沢から涸沢岳への登山道の入り口には、雨具、地図、ヘッドライトのない方はこの先へ行くのは避けてくださいという看板がありました。

私達は、レインコートもヘッドライトも持ってきてはいましたが、テントに残し、服装もジーンズに普通のTシャツ、パーカー。靴は登山靴ではなく、スニーカーです。

河童橋の辺りは、普段着の人が多かったですが、この辺りは、全く装いが違います。

登山靴は全員、中にはヘルメットやスティックを持っている人もいます。

何十リットルか分かりませんが、頭の高さを超えるほどのザックを重そうに抱えながら、ゴロゴロした岩場をゼーハー言いながら登っていく姿を見て、違和感を覚えていたところ、チェリンも同じことを言いました。

あんな格好しなくても山は登れるよ。

私が日本の登山の重装備に違和感を覚えた初めての日は、ヒマラヤを数回訪れた後、チェリンと福岡の山を何度か歩いていた時のことです。

私達は、その時も普段着にサンダルという格好でしたが、すれ違う人たちが皆さん、登山靴にザック、スティックという本格的な山登りだったのです。こんな低い山で公園みたいなところを、なぜ? そう思いながら歩いていました。

その光景を見たときに、以前、登山グッズ専門店で中年男性の店員と話をしたときのことを思い出しました。

私が持っている靴やレインコートが10年以上前のものであることを伝えると、

山グッズは10年経てばもう使い物にならない。同じものを使い続ければ死にますよ。

とのこと。加えて、山ガールの格好がしゃくに触るらしく、あんな格好で山に登ってケシカランといった感じの話でした。

チェリンとヒマラヤを歩いたり、日本でも山を歩いていると、山歩きって、もっと気軽なものなんだと思うようになっていきました。私も以前は、山というものをすごく重々しく捉えていたと思います。

ヒマラヤのチェリンの実家では、近所の市場に行くのでも、近道をするために崖を登ったり降りたりで、雨の日はかなり大変だったり、

雨季にはヒルにたくさん足を噛まれて流血したり、

夜暗くなっても、チェリンはライトなしで道が見えるらしいですが、私はおぼつかない足取りで歩いたりしています。

でもチェリンと一緒にいると、山を歩くことが、日常の一つとなんら変わらないし、普段の生活の一部となっていっています。

そんな気軽な感覚でいるので、日本の登山の重装備を見ると、

本当に全部、そんなのいるのかな?

ちょっと大げさじゃないのかな?

という風に映ってしまうのです。

日本人は特に、どんな分野においても、どんな場面にも対応できるように用意周到にきちんとしておかなければ気がすまないところがあるように思います。

話は逸れますが、日本人は少しの間違いを恐れて英語を何年も一生懸命勉強するのに、なかなか話せるようにならなくて、

一方、インド人は、間違いを恐れず、どんどん話していくから、文法がデタラメでも、自信を持って自分の英語を堂々スラスラ話しているししかも通じている。

そんなことを考えていました。

登山の装備もしかり。こうなったら、ああなったら困るから、これもあれも持っていく。

一つのミスも非常事態になることを恐れ、

最悪の事態を全て想定して、全ての必要なものを持っていく感じでしょうか。

登山を始める時に、お店で、これがいりますよ、あれがいりますよ、と言われるがままに買い、何も疑うことなく、それが後世に引き継がれていったのでしょうか。

チェリンは、日本人は自分自身で考えることをしないのかな。と言いました。

これは、例えば専門家の人が、これこれこうですよと言えば、自分で検証することなく、そのまま鵜呑みにしてしまい、洗脳されてしまっていることを意味しています。

では、横沢から涸沢まで、装備がなければ本当に登れないのか、実際に私達が証明しようじゃないかと言って、登っていきました。

実際、登ってみると、道は綺麗に整備されていて歩きやすいし、迷うような場所もないし、ヒマラヤのこれまで行った場所よりずっと簡単な散歩レベルの道でした。

重い登山靴も履いてないし、肩にのしかかる何十キロもの荷物もないので、周りの人たちよりも、スイスイ、ピョンピョン登っていくことができます。

先に歩く人たちを、ひょいひょいっと追いぬいて行くと、手ぶらの私たちを見て、気に留めない人もいれば、「え?」という顔をする人、「手ぶら〜!?」という人もいました。

みんな、こんな重いものを持ってよく登るよなあ!

なんて手ぶらは身軽なんだと何度思ったことか。

 

日本に手ぶら登山を広めよう!

ミニマリスト登山家を増やしていこう!

みんなも、もっと身軽になろうよ!

 

そんなことを二人で言いながら楽しく進んでいました。

足取り軽く、順調な道のり。

そんな風に思っていた矢先のことです。

ゴールまで三分の二ほど進んだ頃、私達は呼び止められました。

どこまで行くんですか?

雨具は持っているんですか?

どこに泊まっているんですか?

軽く返事をして通り過ぎようとしていると、

ちょっと待ってください。私達はレスキュー隊です。そんな格好でここまで来るなんて信じられない。しかもこんな時間に。今すぐここから下に降りてください。

その時、時計の針は2時半を指していました。私達の足で進めば、5時までには横尾まで戻れるはず。そんな計算でいました。ここまで来て降りろだなんて。

チェリンは、

「はーい、すみません。後ちょっと行ったら降ります」と言いました。

レスキュー隊は、譲歩しません。

「いや、30分じゃなくて、今!すぐ!降りてください」

「そんな格好で来て?ほんとに信じられない」

二回も同じことを、言われました。二人のレスキュー隊は、私達のことを、どれだけ危険で非常識なのかを分からせたいと、必死でした。

私はとっさの出来事に何を言っていいか分からず、チェリンを指さして、

「彼はヒマラヤ出身なんです」

とだけ言いました。

「郷にいれば郷に従えという言葉があるでしょう」とレスキュー隊。

そんな難しい日本語をチェリンが理解しているはずもなく、

「はーい、すみません、後30分行ったら降ります」

を繰り返していました。

「30分じゃなくて、今すぐ降りてください」

そんな押し問答を繰り返し、

妥協案としてなのか、レスキュー隊は、「もう上に行って暗くなりそうなら上に泊まってください、きっと上でも注意されることになるでしょうけど」

そう言い残して降りていきました。

チェリンが後で、彼らは何と言っていたの?と聞くので、私達の格好でどうやってここまで来たのか全く信じられないと言ってたよ。でも私はそれに対して何も答えなかったけどね、と言うと、

英訳してくれたら、僕は何か答えたのに!

と言いました。

僕達はどこに行ってもこの格好で山へ行くんだ。5000mの山でも、僕は雪山をキャンバスシューズで登った。雨具も持たずにね。ポーターも長靴だったよ。そうして何日かかけて山を登ったこともある。

 

私は、二人で日本の登山の重装備は過剰だとか、洗脳されてるとか、もっと手ぶら登山を広めようと言ってたのに、いざこんな場面になると、何も説明できなかったことが悔しい気持ちでいました。

「チェリンはすみませんと言っていたけど、何も反論するつもりはなかったの?」と聞くと、

「彼らは仕事でそう言うしかないんだから、こちらは、はい、すみませんと言って、最後は自分がやりたいことをただ貫けばいいんだよ」と。

合理的な考えかもしれません。

実際チェリンの望んでいたことは確かにやり遂げられたのですから。

つづく

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

カテゴリー

-長野の自然を旅する
-, , , , ,

Copyright© Kyoko&Cherrin's Blog , 2018 All Rights Reserved.