世界のパワースポット、旅、ナチュラルライフ、田舎暮らしなどなど

Kyoko&Cherrin's Blog

お知らせ

神がかりなボランティア おばたさん(尾畠春夫さん)のかっこいい生き様

投稿日:

山口で失踪した2歳の男の子を発見した、大分から来たボランティアの男性、おばたさんの活躍ぶり、ご覧になった方も多いでしょう。

失踪から3日後。警察150人と警察犬によっても見つけられなかったのに、

おばたさんが捜索を初めると、なんと30分後に発見。

「自分が2歳の子供だったら、どこに行くのかなと考えた。

下には行かないだろうな、上に行くだろうなと」

そんなことをインタビューで仰ってましたね。

子供の立場になって考えたからこそ、こんなに早く発見できたんですね。

もう3日たって、みんなが、もうダメなんじゃないかというムードになっていたころ、おばたさんは、生きていると信じて行動をとったんですね。

 

現代だけでなく、いつの世の中も、多くの場合、自分のことで精一杯なものです。

その上、いいことをしている人を見ると、偽善者だと叩く人も時々います。

でも、今回、おばたさんを見て、すごい!神がかってる!素晴らしい!と絶賛の声があがっているようです。

 

自分の利益のことだけを考え、周囲に被害を与えるような殺伐としたニュースが多い毎日ですが、こんなおばたんのようなニュースがあると、ほっとします。

おばたさんのような無私の精神の人がいること、その価値を絶賛する人たちがいること、

まだまだ、この世も捨てたもんじゃないなと、希望を感じます。

 

インタビュー中に、おばたさんの指に、トンボが止まったりして、それも神がかり!と評されているようですね。

無私の心で生きてらっしゃるから、動物も分かるんだろうな・・という気がします。

 

おばたさんみたいな人にスポットライトが当たることが、私としてはすごく嬉しいです。

こんな人の生き様がかっこいい!という価値観を、若い世代の人たちも評価するような世の中に、もっともっとなって行くといいなと思います。

 

車中泊しながら、自分の食料は自分で持ち込み。

子供のお爺さんから「お風呂はいって行きませんか?雨降っているから傘持って行きませんか?」

と言われても、断っている姿が印象的でした。

子供のお爺さんは、せめて何かお返しをしたいという気持ちでいっぱいだったんでしょうね。

でも、どんなに小さなお返しも受け取らずに、潔く帰られているおばたさん、かっこよかったですね。

 

おばたさんは、泣上戸のようで、誰かから感謝の言葉をもらったり、発見された子供の話をするときとか、すぐ涙があふれてらっしゃいました。

そして、私ももらい泣き・・・。「おばたさん、純粋なおじいちゃんなんだね。子供が見つかってよかったね。嬉しかったよね。ああ、よかった、よかった」

私もインド、ネパールでチャリティ活動をしているときに思うのですが、チャリティーをしたことに対して本当にお礼とか、何かをもらったりとか全然いらないんですよ。(おばたさんとは違って、チャリティー先で、ご飯とかご馳走になってますが・・・)

喜んでもらえること、誰かの助けになれること自体、もうそれだけで、胸がいっぱいになって、感動、感動、感動!なんですよね。

マッサージされる人よりも、マッサージした人の方が幸せホルモンがより放出されるといいますが、それと同じで、助けられた人より、助けた人の方が、実はより幸せを感じているという・・・。

人間って、基本的に、「誰かのためになりたい」「人の幸せな顔がみたい」というのが本能の中にあるんでしょうね。

だから、こんな、おばたさんみたいな生き方をしている人は、すごく幸せな人だと思います。

与えれば与えるだけ、幸せホルモンがどんどん出るんですもん。

おばたさん、「今までお世話になった社会にお返しをしたい」と仰ってましたね。

私も残りの人生、両親、周囲の人、社会にお返しをしながら生きて行きたい。

また、今度インドに行くとき、チャリティー活動続けたいと思います。詳細はこちらから

日本でも、自分にできることは何か、いつもアンテナをはって行動して行きたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

カテゴリー

-お知らせ
-, , ,

Copyright© Kyoko&Cherrin's Blog , 2018 All Rights Reserved.