世界のパワースポット、旅、ナチュラルライフ、田舎暮らしなどなど

Kyoko&Cherrin's Blog

お知らせ

「割り勘」は日本くらいしかやっていないという衝撃の事実、知ってましたか?

更新日:

周囲の友達も外国人の方が多くなって、日本的な付き合いを忘れていた今日この頃。

日本でも、よく遊ぶ友達は、ネパール人のPさんと、フィリピン人のLさんなのですが、

彼らとご飯を食べるときは、いつも誰かが奢り、奢られというのが普通なのです。

日本にいるよりもインドにいる方が長くなって、インド人の友達との付き合いでも、

誰かが奢り、奢られという関係がずっと普通になっていました。

 

日本人の友達と一緒にご飯を食べに行ったりすると、「割り勘」になるわけなんですが、

いつの間にか、非常に違和感を感じるようになっていました。

 

この違和感が気になり、ネットで調べてみたところ、日本と、あとどこか数カ国しか、世界の中で、割り勘という文化がないということが分かりました!!

なんとなくの違和感としては、感じていたけど、調べてみると、本当にそうだったんだ!!と私もビックリしました。

ネットの情報によると、「日本人、韓国人、中国人はよく似ているけど、一番分かりやすい判断の方法は、お会計の時に割り勘をしていれば、それは間違いなく日本人!」

「日本人はケチという印象」など、各国の人たちが日本人の割り勘について、意見を述べていました。

なんで、アジアの中でも他の国は割り勘の文化がないのに、日本だけ割り勘の文化が根付いたのでしょう?不思議ですね。

 

この前、フィリピン人のLさんが連れてきた、韓国人の女性2人と、4人でコストコに買い物に行きました。

「日本でびっくりしたカルチャーショックは何?」と韓国人の2人に聞いてみると、

「いい歳したおじさんが、居酒屋で、計算機で、細かく一円単位まで割り勘の計算をしてるのをみると、情けなくなってくる」

とか、

「日本人の友達とご飯を食べに行ったとき、私(韓国人)が払いますと言ったら、

『え、なんで?なんで??????』と、しきりにビックリされた。

私たちの文化では普通のことだから、なんて答えていいか分からなかったけど、

とりあえず、『私、お金持ってるから』と答えた」

との話。

 

大笑いした私は、「そうなんですよ。日本では、奢られると、え、なんで?ってなると思います。何か特別な理由がないと奢らないと思ってるから。例えば、今日は誕生日だからとか」

すると韓国人の女性は、「この前、誕生日の女の子(日本人)が、みんなでご飯食べて誕生日祝ってもらったのに、割り勘で、誕生日だった子も払っていましたよ!」

と言っていました。

「う〜ん。日本はそうなるかもね・・・」

 

 

 

昔は、私も普通に割り勘していましたが、今となっては、割り勘って、すごくドライに感じてしまうんですよね。

寂しい気持ちになるんです。

割り勘にこだわっているのって、なんか細かくて、ケチだな〜とか、かっこ悪いなとかって、感じてきます。

 

主人のチェリンは、インド人ながらネパール人文化なので、友達はネパール人が日本でも多いのですが、ネパール人の友達とご飯に行くと、必ずと行っていいくらい、誰かが奢ります。

そして、次の場所で、また別の人が奢り、という風に、順番に回って行きます。

それもきちっと決まっている訳ではなくて、「今度は自分がご馳走しますよ!」という具合に、自然な自己申告によって。

(人数が多すぎるときとか、金額が高すぎるときは、例外もあり)

 

こういうやりとりが、すごく温かくて、心がぽかぽかしてくるんですよね。

お互いがお互いを思い合って、お世話しあっている、深い愛情を感じるんです。

ネパール人の人たちと会うと、いつもそれを感じられます。

仲間、というか、一体感というか。

友達と別れた後も、すごく心地よくて、あったかいな〜と思いながら帰路につきます。

 

この違いに気がついたあとは、日本でもこの文化が広がるといいな〜と思って、

先日、日本人の友達に奢ろうとしたところ、頑として受け付けてもらえず、失敗しました(笑)

なかなか、日本人相手には、隙を見て、こっそりと払ったりしない限り、奢るのは難しいみたいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

-お知らせ
-,

Copyright© Kyoko&Cherrin's Blog , 2018 All Rights Reserved.