田舎暮らし移住

田舎暮らし移住 第12歩 自然の中で自分のペースで暮らしたいなら別荘地

投稿日:

ビルに囲まれて暮らすより、自然に囲まれて暮らしたいと、田舎暮らしに憧れて移住する人は、こんな風に思っている方が多いんじゃないでしょうか?

・自然を感じながら、自分のやりたいことに没頭できる自由な時間がほしい

・ある程度の人付き合いはしたいが、過干渉はされたくない

・行事やイベントは興味のあることには参加したいが、興味がなければ参加しなくてもいい。自由意志が尊重されている

 

空き家バンクに行って村の生活について聞いた限り(地域差はあると思いますが)

 

・田舎暮らしは、自分の好きなことに没頭できる自由な時間はないと思っていい

・若い人ほど、いろんな役割を頼まれる。個人的なことから、地域の仕事まで。

・自分の興味あるなしに関わらず、地域の行事には半強制的に参加。「仕事がある」は不参加の理由にならない。

 

雰囲気を感じ取りました。それは、過疎化している地域や、都市からの移住者が少ない地域であればあるほど、そうであるようです。

 

私たちもいろいろな場所をこれまで見てきて(インド、日本、カナダの山林、宅地、別荘地)

自然の中で暮らしたいとは思っても、その形は本当に様々だなということが分かりました。

自然の中でどんな暮らしをしたいのか、具体的なイメージを持つことが大事だなと思いました。

実際に、行って見て、肌で感じることで、「自然の中の暮らし」とは一口に言っても、「こういうのは自分の理想じゃないな」とか「こういう風景に囲まれて暮らしたいな」とか、だんだんイメージがしぼれてきますね。

 

自分のペースを守りつつ、自分の仕事や趣味に没頭したり、家族との団欒にたっぷり時間がほしい、自然の中で静かに、ゆっくりしたいと思っている場合は、別荘地を選択した方がよさそうです。

 

それか、郊外に住みながら、時間のあるときに自然の中にでかけるとかですね。

私たちは、今の所まだ自然の中の物件が決まらないので、郊外に住みながら、時間のあるときに自然の中にでかけています。

 

-田舎暮らし移住
-,

Copyright© Kyoko & Cherrin's Blog , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.