自然の中で自給自足 第2歩目 やりたいことの実現が早くなるワーク

何かをしたいと思った時は、その理由を明確にしておくと、実現が早いので、

今日は、そもそもなぜ自然の中で小さな家を建て、自給自足生活をしたいのかについて書いてみたいと思います。

自然の中で小さな家を建て、自給自足生活をしたい理由:

・小さい時から自然の中に住むのが憧れだったから

・自然の中にいると自分も自然体になれるから

・自然の素晴らしい働きを身近に感じながら生活したいから

・食べ物を自分たちで作りたいから。自分たちで作った食べ物には一層愛おしさを感じるから

・庭の畑で採れた新鮮な野菜やフルーツで料理を毎日したいから

・ソーラーパネルから生み出した電気を使う生活をしたいから

・生活のいろんな工夫をして楽しみたいから

・自然療法的な暮らしがしたい(食べ物、環境、そのものが滋養になる)から

・毎日、朝起きたらすぐ外に出て、自然の中で、ヨガ、瞑想をしたいから

・友達や家族や生徒さんを招待して、自然の中で過ごしたり(食べたり、ヨガ、瞑想したり、散歩したり)この暮らしを共有して楽しみたいから

・小さな家を自分たちで建てるのが楽しそうだから。毎日、家を作りながら、DIYをしながら時間を過ごしたいから。

・父の実家も、主人の実家も、家は家族や近所の人と作るのが当たり前で、それができると知ってるから

・森の中で家を自分たちで作るのは、秘密基地を作るような感覚でワクワクするから

今思いつくのはこんな感じです。また出て来たら書いてみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする