世界のパワースポット、旅、ナチュラルライフ、田舎暮らしなどなど

Kyoko&Cherrin's Blog

世界を旅する&遊ぶ

レインボーボディの話

更新日:

カルマさんと夜ご飯の後、

いろんな話をするのが日課です。
お宅にお邪魔して1日目の夜、
なぜかふと思いつき
パドマサンババの、体を虹色にして
体を消すことができたという
レインボーボディについて
詳しく聞いてみたいと思いました。
チベット仏教を広めたパドマサンババは
ブッダの生まれ変わりとして、知られています。
ブッダは人間のお母さんから生まれ
王子としての座を捨てて修行し
生徒達に教えを伝えました。
一方、パドマサンババは蓮の花から生まれ
修行しなくとも、生まれた時から超能力などを
持っていました。
人々に教えを伝えたいと思っても
なかなか彼のことを信用してくれなかったと言います。
それは、「あなたの先生は誰ですか?」
と聞かれたときに、
「私には先生はいません。生まれたときからこういう力も知識も持っていたんです」
と言っても
どの先生のリニエージ(系譜)からなのかを
重んじている人々にとっては
出生も、グルの系譜も分からない
パドマサンババのことを
信用できなかったからだそうです。
ブッダは、6年間苦労して修行していたことを知られていたので信頼されました。
しかし、もっと知識を広めるためにブッダから生まれ変わって使命を全うしようとしたのに、人々に知識を広めたくとも信頼されないという苦労がパドマサンババにはありました。
「でも超能力を見せたら、信用したんじゃないですか?」
とカルマさんに聞いてみると
「ただのマジックと思うでしょう」と。
それでパドマサンババはどうしたのかというと、
グルを見つけて弟子入りすることを決めたそうです。
あらゆる高度な超能力を見せて
「私はこんなこともできます」とグルに、能力を示すと
「わかったわかった。お前の能力はわかった。
私の持っている知識を教えてもいいが
この知識は、外的なものではなく、内的なものだ。
だから、言葉にだして教えることはできない。
私の体の中に入って知識を吸収しなさい」
とグルは言いました。
するとパドマサンババは、
虹色の体、レインボーボディになって
物質的な体を消し、
グルの口から体の中へ入っていき、
知識を吸収しました。
晴れて、グルにつくことができ
人々も彼を信頼し、
彼の教えに耳を傾けるようになったそうです。
こうして、能力を自分のためだけに使うのではなく
人のために使うことができるようになりました。
パドマサンババは、最初からひとりで何でもできたにも関わらず、人々の信頼を得るために、わざわざグルについたんですね。
特にこういう見えない世界の教えは
「先生はいません、自分で始めました」
と言っても、胡散臭いと思われ
多くの人からは指示されないというのは
今も昔も変わらないですね。
インドやネパールでは、
グルのリニエージ(自分の先生が誰なのか、そのまた先生は誰なのか )を重んじます。
そこに対するリスペクトは
毎回、クラスの最初にするチャンティングに
表れています。
ヴェーダンタのクラスでもそうでしたし
今学んでいるカルマさんのチベット仏教のマントラでも、
チャンティングに、グル、聖典、仲間
に対する敬礼の祈りがあります。
カルマさんが仰るには、
「グルと弟子は、どちらが上、どちらが下
ということはないと言われているけども
グルへのリスペクトは絶対」
ということでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

-世界を旅する&遊ぶ

Copyright© Kyoko&Cherrin's Blog , 2018 All Rights Reserved.