世界を旅する&遊ぶ

インドの村の生活で驚いたこと(3)

更新日:

村全体が一つの家族みたいに支えあえる、すばらしさ・・・

しかし、その一方、物はなくなったりするのが、気をつけなければいけないところ。

みんなでシェアという考えがあるせいか、「私のもの!」という考え方を嫌うせいか、

多くの人が行き来するダイニングルームなどに、食べ物や、物を置いていると、「どうぞ持っていってください」というメッセージになるらしいです。

「後で、マッシュルームのモモ(チベット料理で、餃子のようなもの)を作ろう!」とたくさんマッシュルームを買って、キッチンにおいていたら、近所の人が、誰にも断らず、お昼御飯のため、マッシュルームを大量に使って調理されてしまいました。

他にも、調理器具がなくなってしまったり、お風呂においていた買ったばかりの洗顔フォームがなくなっていたり・・・(これは、友人宅に泊まった時。家の建設のため出入りしていた人たちの1人ではないかという予想・・・)

何か物がなくなっても、「あれ?ないね」と少しは探しますが、すぐに、「誰かが持っていって、返すのを忘れたんだろう」とあまり気にもしていない様子。

人と人との線がゆるやかというか、ほとんどないに近いかもしれません。

たくさん学ぶことがあるなあと思います。

-世界を旅する&遊ぶ

Copyright© Kyoko & Cherrin's Blog , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.