世界のパワースポット、旅、ナチュラルライフ、田舎暮らしなどなど

Kyoko&Cherrin's Blog

世界を旅する&遊ぶ

インドの婚活事情 その2

更新日:

前回、インドの婚活事情についてお話しましたが、今日は、その続きを・・・
インドの結婚って・・・絶句! と思う話しは、ゾロゾロ出てきますので、まだまだネタが尽きません。
インドでは、結婚相手の候補者が選ばれると、まず、父親同士が会い、
女性側から、いくらくらいの持参金を渡すかという話あいがあるそうで、
それで、両者がOK、となると、結婚が決まり、両者の付き合いが始まるそうです。
まるで、ビジネス! と言う感じがしたのは私だけではないはず。
また、結婚式が終わらなければ、キスもしちゃいけないんだとか。
「日本では、全く逆ですね。最近では、できちゃった婚っていうのも多いんですよ」と、
インドの結婚事情について説明してくれた、インド人のおじさんに話しました。
昔は、顔も見ずに、親が決めた相手と、結婚が決まり、結婚式当日に初めて
結婚相手の顔を見るということがあったようですが、
最近では、両者が会って、「ちょっとピンとこないから他の人も探してほしい」
ということもできるようになってきているようで、
また、結婚式まで6カ月間の期間があって、電話で話したりはできるのだとか。
どの方に聞いても、この「6カ月」という期間は大方決まっているようです。
日本では、付き合って、もう何年もたつのに、いつ結婚しようか決めかねているというカップルも多いでしょう。
決断がズルズル長引いて、結局結婚に至らずというケースもよく聞く話ですよね。
それが、インドでは6カ月と決まっているので、はっきりしていて、迷う必要もないし、画期的だと思いました。
ところで、どの国にしろ、長期間住んでいると、よいとこだけでなく、ダークな面が見えてしまうもので・・・。
インドの結婚に関して、いろんなダークなお話。(あまり悪いニュースを見たくない方は、この後は読まないでくださいね)
たとえば、持参金の問題ですが、ある友人から聞いた話、この持参金をめぐって殺人事件も起こるそうです・・・
持参金欲しさに、夫の母親が、お嫁さんを殺して、また新しいお嫁さんをもらい、新たな持参金を手にしようとした姑がいた・・という事件があったそうで。
サリーに火をつけて、焼き殺したそうで、姑は「調理中に、サリーに火がついてしまった」と言い訳をしたのだとか。
他にも、「親が言うことは絶対」なインドにおいて、親のいいつけに背き、子供が好きな相手と恋愛結婚をしてしまった場合、両親やその他の家族が、自殺を図るということも、実際起こっているそうで・・・
初めて聞いたときは、そんな大げさな、とか、うそでしょ?と思いましたが、数人の人に確認してみると、真面目な顔で、それは本当に起きていることだ、との返答。
今でも、カースト制度が、人の心の中に強く存在しているインドでは、別のカーストとか人種、別の宗教の人と結婚することは、その家族にとって、「血」を汚すことになるという考え方なんでしょうね。
いろんな話をしてくれたインド人のおじさんは、もう一族が何百年も、キリスト教らしく、「もし娘さんが、ヒンズーの人と結婚したいと言ったら、どうします?」と聞いてみると・・・
「娘がそうしたいなら、結婚するがいい。ただ、家からは出て行ってもらう。金の援助も一切しない!」と
いつもは、ひょうきんなおじさんが、OUT!(出ていけ!)と、家から追い出す仕草をしながら
強い感情のこもった口調で答えました。
結婚に関しての決まりは本当に強くて揺るがないようですね。話を聞くたびに、驚いてばかりです。
おおざっぱで、ゆるやかで、テキトーな人たちに見えますが、私たちには考えられないほどの縛りがあるようです。
しかし、こんな結婚の風習は伝統的な社会だからこそ残っている側面でもあるし、逆に、私が好きな神聖さや、精神性の高さ、多くの聖者が未だに多く存在するというのも、伝統的な社会だからこそなんですよね。
今は、とても自由になった日本。女性も男性とほぼ平等になり、家庭でも、社会でも比較的自由になりました。
戦争を肯定するわけでは決してありませんし、戦争自体は、もう二度と起きてはならないことだと思いますが、今、歴史を振り返ってみると、
戦争でアメリカに負けて、完全降伏したことが、今の自由な日本を作ることになった・・・エゴを手放すこと=「完全降伏」なわけですから・・・
戦後、日本の女性の地位を向上させるための条文を作ってくれたのも、アメリカ人女性だったといいます。
もし、戦争に勝っていたら、今も、まだ、軍国主義のお堅い国で、親の言うことが絶対、男の言うことを全部聞くのが女性、という社会が続いていたかもしれない。ひょっとしたら、今の日本は、インドのような社会だったかもしれない。
・・・そんなことを、インドの社会を見ながら、近頃感じています。
(私は、政治や歴史にも詳しくないので、この記事は、ただの個人の感想ということで、反論があったとしても、お許しくださいね)
インドの婚活の話から、だいぶそれてしまいましたね・・・笑
では今日はこの辺で!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

-世界を旅する&遊ぶ

Copyright© Kyoko&Cherrin's Blog , 2018 All Rights Reserved.