世界を旅する&遊ぶ

インドで作る和食

更新日:

私は、毎食、家で料理しているのですが、

うちの家の下に住むアメリカ人の方も、料理が好きなので、たまにご飯に招待しあっています。
特に、焼きたてのクッキーを何度かいただきましたが、すごく美味しかったです。
瞑想の先生をしている、この方は、とてもシンプルな生活をしている様子だったのに、よく見てみると、ミキサーも、浄水器も、またオーブンまで持っていました!
ないものがないというくらい、揃っています。

ところで、インドに住んでいると、手に入れようと思えば、お肉も手に入るのですが、食べる気がしません。日本では食べますが、インドでは、お肉の保管状態もあまりよくないし、不衛生な環境で育てられ、またグロテスクな肉屋に足を運ぶ気にもならないので、当然、ベジタリアンとなります。

(悟りのためには、サトヴィックフード(純性の食べ物)を摂った方がいいので、
できれば、日本にいる時も、お肉は避けた方が無難ですが。家族や友人が楽しく食べているのを振り切ってまでベジタリアンにはなれる気が、今のところはしません。
野菜も他の食材も、日本に比べて、ものすごく限られています。
今、手に入る野菜は、トマト、たまねぎ、じゃがいも、オクラ、キャベツ、ナス、ニンジン、エンドウ豆くらい。
この中で、どれだけバリエーションを考えられるか・・・

あまり考えていないと、焼き飯→スパゲッティ→お煮しめ→おじや
くらいのバリエーションが繰り返されてきて(笑)、飽きがきます。

しかし!この間、もしかしてできるかも、と思って作ったのが、

野菜のかき揚げと、麺。(おそばが欲しいとこですが、細いスパゲティで代用・・・)ニンジン、玉ねぎ、オクラを一緒に揚げてみました。

そして、冷やし中華イスラエルで使われるタヒニ(ごまペースト)とお醤油、オリーブオイルを混ぜてドレッシングに。麺は、やはり、スパゲティ。トマト、オクラ、卵をのせたら、見た目は、しっかり冷やし中華となりました!

どちらも、なかなかイケましたよ!ヤッター!わーい(嬉しい顔)

この前は、下のアメリカ人を招待したとき、お煮しめ(じゃがいも、ニンジン、たまねぎ、エンドウ豆)を、日本から持ってきた小ぶりの器にキレイに盛り付け、白米と、キンピラ風野菜炒め(大根、ニンジン、ナス)
を出しました。
デザートは、去年、日本から友人が持ってきてくれた、白玉粉を使って、きな粉モチを作り、小さな葉っぱの形をした陶器に盛り付けました。。

彼は純粋なベジタリアンで、お出汁に使う魚もだめだし、卵もだめということで、何を作ろうか、悩みましたよ~。しかし、せっかくですから、日本的なものを作りたいですよね。お出汁を使わずに、どれだけ和食が作れるか・・・でもやってみたら、何とか完成できて、一安心。

日本から持ってきた陶器のおかげで、日本料理感が増しました。
食器に、助けられましたね~ よかった~!

しかし、先日、ペアのお湯のみを割ってしまいました。
日本的雰囲気を醸し出せる、数少ない陶器のひとつだったのに~~泣

今度は、またたくさん陶器を持ってきたいと思います。
(重いけど、割った時のために!)

去年は、日本食の材料をスーツケースにたくさん入れてきたので
「日本食レストランでもオープンする気?」と欧米人にからかわれました。わーい(嬉しい顔)

お箸を袋に入れて、キレイに並べて、
小さな陶器に見た目美しく料理を盛り付けて出すとき、
日本人として生まれてよかったな~と思いましたよ。
なんだか、セレモニーという感じで。
招待された方も、茶室に招かれた客人のように、
最初、ちょっとかしこまっていました。
たまには、こういうのもいいですね!
日本の文化を多少なりとも楽しんでもらえてよかったです。。
みなさんもよかったら、数少ない外国の食材で作れるレシピ
教えてくださいね。

-世界を旅する&遊ぶ

Copyright© Kyoko & Cherrin's Blog , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.