インド政府認定ヨガインストラクターKyokoと、インド・ヒマラヤ出身スピリチュアルカウンセラーCherrinのブログ

Kyoko & Cherrin's Blog

世界を旅する&遊ぶ

コンピューターが壊れた!

更新日:

 

日本から重いパソコンを運んできたというのに、2日目で電源が入らなくなってしまった。アシュラムの街はこじんまりとしていて、パソコンを修理するには、オートリリキシャをつかまえて、タウンまでいかなければならない。


数分歩いただけで汗がダラダラ流れる炎天下の中、
タウンで電気屋を探して回る。
どこも、何にも解決できないらしい。
あ~あ、このままパソコンつかえなくなっちゃうのかな・・・。
コンピューター専門のショップを紹介され、歩いていってみたが、
お昼休みで
1時間後にしか帰ってこないという。
インドでは、
1日で何か1つのことができれば上等。
できなくても仕方がないのだ。


私は、ヴェーダ・チャンティングの特訓クラスがあったので、アシュラムに戻らなければならなかった。仕方ない、今度、ホテル近くのネットカフェに行って相談してみよう。


翌日、ネットカフェで相談すると、そこがよく利用しているという専門店を紹介してくれた。


疲れていたので、まだタウンには行っていなかったのだが、
また次の日ネットカフェに立ち寄ると、
「もうタウンへ直しに行ってみたか?」と聞かれた。

「いや、まだ行ってない」
「実は、俺のパソコンもおかしくなった。俺も、タウンへ行こうと思ってる。」
「ああ、じゃ、一緒に行きましょうか?そうすると、助かるわ」
混沌としたタウンで、場所を探してウロウロするだけでも疲れるので、知っている人が一緒だととても助かるのだ。
オートリキシャも英語が話せなかったり、場所を知らなかったりして、物事がスムーズに行かないこともよくあるし

「こんなこと、人生で初めてなんだが。一部が壊れることあっても、こんな風に壊れることはなかった・・・おかしい・・・」
言っていたので、「神さまが私を手伝おうとしてくれてるのかも!
」と言うと、いつもは渋い顔をして笑顔を見せたことなかった彼が、
!と大声で笑った。

 

結局、彼はお客さんの対応が忙しく、私一人でリキシャをつかまえて、指定の住所へいった。
オフィスにいたおじさんは、私のパソコンの裏側のフタを開け閉めするだけで、
5分程度で、元通りに直してしまった!


私は一部始終を見ていたが、一体何をどうしたのか、
ただフタを開け閉めしただけにしか見えなかったのに、問題は解決してしまった。
アシュラムの街へ戻り、ネットカフェへ、
「直ったよ!」と報告に行くと、いつも無表情の彼は、
無表情のまま胸に手を置いて「ほっとしたよ」という仕草をした
。表情と言ってることが合ってないなあ。
でも、まあよかった。助かりました。ありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

-世界を旅する&遊ぶ

Copyright© Kyoko & Cherrin's Blog , 2018 All Rights Reserved.